7月9日に福山労働会館みやびで、管理建築士講習会が開催されました。

93名の方々が受講されました。

建築士法の改正により、管理建築士は建築士として3年以上の設計等の業務に従事した後、登録講習機関が行う講習を修了した建築士でなければなりません。よって、新規で建築士事務所登録を受けようとする場合には、その管理建築士予定者は管理建築士講習の修了証が登録時に必要となります。

改正法施行(平成20年11月28日)時点ですでに管理建築士である方については、平成23年11月27日までに管理建築士講習の受講が必要です。期限間近は相当の混雑が予想されますので未受講の方は早期の受講をお願いします。

経過措置後(平成23年11月28日以降)に未受講の場合、その者が管理する建築士事務所は、登録が取り消されることとなりますので、ご注意ください。