2010
06.30

私のお気に入り 第2回 早川雅之

新しい投稿シリーズの2回目です。第1回目の南紀夫さんお気に入りの和実家(なごみや)に行ってきました。料理とお酒と器とインテリアのお店で、また、時々行きたいなと思わせるお店でした。

 今回は少し趣向を変えて、「私のお気に入りの家具」を紹介します。建築設計、デザインを仕事にしていると、自宅のインテリアにも気を使い、良い家具を置きたくなるものです。その中から二つ紹介したいと思います。

 ワシリーチェア

ハンガリー生まれのモダニズム建築家であり、家具デザイナーであるマルセル・ブロイヤーのデザインです。ドイツバウハウス時代の1925年、自転車のハンドルに着想を得て、恩師の画家ワシリー・カンデンスキーの為にデザインしたもので、曲げた金属パイプと厚い革で構成されています。85年前のデザインとは思えないモダンな、直線基調のデザインで、座面と背もたれが斜めに90度で交わっているところが非常に美しく機能的です。現在はニューヨーク近代美術館の永久コレクションに納められています。

約25年前に結婚と同時に2脚購入し、当時から現在に至るまで、テレビとオーディオセットの対面に2脚設置し、モダンなリビングルームに溶け込んでいます。体重で、革が少し撓んできましたが、それがさらに座りやすくしています。

 

サイドテーブル

アイルランド生まれの女性家具・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナーである、アイリーン・グレイのデザインです。1926年に発表した自身のフランスの別荘のためにデザインした家具の一つで、これもニューヨーク近代美術館の永久コレクションに納められているようです。丸型の金属パイプと天板のガラス、高さの調整できる仕組みが、非常に美しく機能的です。

ワシリーチェアとマッチする、サイドテーブルを探していて、このテーブルを見つけました。現在は通販で1万数千円でイミテーションが買えますが、当時は10万円以上もするので、香港の家具屋さんで偶然見つけ、3万数千円で購入し持ち帰ったものです。20年ほど前のことです。

 

80数年前のデザインの物を、20数年前に購入し、いまだに使い続けることの出来るこのデザイン、機能に非常に満足しています。機能的なものは美しい、また、美しいものは機能的です。いつまでも使い続けたい、「私のお気に入り」です。

このエッセイは事務所協会会報とリンクしています。

2010
06.10

黄色い花街道

国土交通省 太田川河川事務所前に咲く金糸梅(きんしばい)です。

毎年この季節に、心なごませてくれる花です。

金糸梅の花言葉は、「悲しみを止める」だそうですよ。

2010
06.01

第1回目は「私のお気に入り」です。

栄えあるブログの第1稿は編集委員会の南委員長による
「私のお気に入り」です。
このエッセイは、協会の会報と連動しています。

                                

                                   南   紀夫 

 また一つ、新しい投稿シリーズを始めることになりました。

会員の皆様にお気軽に投稿していただける企画で、投稿内容は問いません。

“お気に入り”の趣味とか、旅行したときの“お気に入り”の写真“お気に入り”の食べ物、風景、

道具・・・等々、まさに“お気に入り”の何でもかまいません。もちろん自作の建物は大歓迎です。

 少しの間は編集委員で地ならしをしますので、正会員・賛助会員を問わず皆様のご投稿を

心よりお待ちしております。

 初回の指名を委員会で受けてしまい、検めて“私のお気に入り”を考えてみましたがすぐには

回答が出ません。60~年も無趣味である自分を発見してしまいました。考えた挙句、長く続いて

いる物から見つけることとします。仕事以外に長く続いているものとしては“お酒”しかありません。

仕事を離れて落ち着く私の居場所を“私のお気に入り”として紹介します。

 古江西町にある“小洒落た”和食のお店です。“いらっしゃいませ”と元気な声で迎えられ、

カウンター席に腰かけ、お酒と料理を・・・店内はお洒落なモダン和風のインテリアです。

テーブル席(16~30人)カウンター席(8人)で、大きな水槽には板さん“お気に入り”の

大きな熱帯魚がゆったりと泳いでいます。

 

 私のお酒を飲むときの“お気に入り”は料理の味は云うに及ばず、料理に見合った“器”と

それを演出する小物を含めた“インテリア”です。さらにお店の接客マナーが良ければ満点です。

 

私はお酒も器もいわゆる“通”ではありません。お酒の銘柄とか作家とかの拘りはありません。

雰囲気のいいお店で、ゆったりと、女将さんや板さんと話をしながら、“お気に入り”のお酒と

彩りよい料理と器を眺めながら料理を味わうのが“私のお気に入り”です。

モダン和風の 和実家(なごみや)   

西区古江西町1-2  古江駅前ビル1階   定休日 第1.3木曜日  TEL 274-7538