我流シェフ 南  紀夫

パラパラ焼き飯(調理時間 約5分 下ごしらえは除く)

   具材(2人前) 

   野菜 たまねぎ 1/2個  にんじん 3cm程度

   ピーマン 1個  しいたけ 2個  卵 1個

   肉類 合挽きミンチ 60~80g(お好みで加減)

   主材(2人前) 暖かいご飯 茶碗に軽く2杯(冷凍ご飯は電子レンジで暖める)

   調味料

   サラダ油 適量    本だし 適量  塩コショウ 適量

   醤油   適量(香り出し)

   下ごしらえ 具材(野菜)をすべて、5mm程度の「みじん切り」にする

   調理法 

   ① 暖かいご飯をボールに入れ、卵を加えしゃもじでよくかき混ぜる。

   ②  テフロン加工のフライパンにサラダ油を適量注ぎ、合挽きミンチを赤みがなくなる程度に炒め、塩コショウで軽く下味をつける。

   ③  その上に、①のご飯を加えてしゃもじで切るように炒める。

   ④  しゃもじでご飯とミンチを程よく馴染ませて、下ごしらえした具材を加えて少し強火にして一気に炒める。

   ⑤  野菜のシャキシャキ感を残しながら味付けをする。本だしと塩コショウを少なめに全体に振りかけ、炒めながら味見をして味の調整をする。好みの味になったら隠し味にフライパンの隅に醤油をたらし、香りが出てから火を消し、全体を攪拌すれば出来上がり。

   ⑥  盛付けは、中央部に程よく小山状にふんわりと盛付けすれば完成。

   パラパラの秘密

    暖かいご飯に卵をくわえてかき混ぜることにより、ご飯粒ひとつずつを卵で包み込み炒めたときに熱が加えられることにより卵が凝縮して、ご飯が一粒ずつにバラケルことでパラパラとなり、ご飯は柔らかく美味しく頂けます。

   美味しく仕上げるコツ

   ご飯を加えて炒めるときに「しゃもじ」で「切る」ようにしてご飯をほぐしながら炒めるとパラパラに成りやすい。味見を必ず行うこと。

   同じ調理法でのバリエーション

   肉類を変えることでいろんな味に変わります。豚バラ肉、ソーセージ、ベーコン、キムチ、高菜漬け等・・・、その時冷蔵庫にある具材で十分美味しく頂けます。又、鶏肉にして①の卵を省き、塩コショウを少なめにしてケチャップで味付けすれば「チキンライス」。さらに、ふわふわ卵で盛り付けすれば「オムライス」。具材無しで①②の工程で肉類の変わりに「ちりめんじゃこ」にすれば「ジャコ飯」。夏などアッサリ味の食卓にピッタリです。

  簡単な道具を使った「みじん切り」

  ・市販の調理器具で、千切りできる簡単なスライサーを使うと簡単にできる

  スライス幅を5mm程度に調整を行い、千切りにして5mm程度のみじん切りにする

  ・市販されているスライサー

   

  我流シェフの「みじん切り」

   たまねぎ                   にんじん     

 ・半分に切り、皮をむく(薄皮も取る)      ・3㎝程度を切り取り、皮をむく

 ・下図のように5mm程度で包丁を入れて        ・下図のように5mm程度で包丁を入れて 

  再度5mm程度にみじんに切る         再度5mm程度にみじんに切る

  (根っ子側を少し残すと切りやすい)      (端を少し残すと切りやすい)

      

  ピーマン                     しいたけ

 ・蔕を切って半分に切り、種を取る      ・茎を切って、タテヨコとも5mm程度に

 ・下図のようにタテに5mm程度に切り     みじんに切る

  まとめて再度5mm程度にみじんに切る