私のお気に入りということで、現在、私が休日に時間があればしていることを紹介させていただきます。それは、家庭菜園の一歩手前のような、土いじりです。

きっかけは、引越でした。前の賃貸マンションが手狭になり、少し広い場所を探しておりましたら、条件にあう戸建の賃貸が見つかり、おまけで庭と畑がついておりました。

以前の住民の方は、熱心な園芸家だったようで、河原の丸石で縁取られた庭には手入れのされた植木が残っており、菖蒲が4種類ほど植えてありました。最初は特に畑や庭には興味がなかったのですが、春になり、草ぼうぼうの畑がさすがに見苦しいと感じ、雑草を抜いたところ、どこかで見たような三角形の葉っぱの植物が群生しております。以前の住民の方が育てられていた「イチゴ」だったのです。

何か新鮮な驚きでした。まるで、雑草の茂みの中で私が来るのを待ってくれていたような愛おしい感がして、その日を境に私の土いじりがスタートしました。

CIMG4008 CIMG3997

              現在のイチゴの状況

3番目の畑からは、チューリップが数本見つかりました。チューリップの花も咲き終わり、気候も暖かくなってきたところで、2番目の畑を整備することにしました。まずは1番目の畑からイチゴを20株ほど分割しました。これでしばらくの間、満足しておりました。そのうち子どもがメロンの種を蒔きたいというので、遊び半分でやってみることに。一週間ほどすると、なんと芽が出るではないですか。適当に世話をしていますが、本葉5枚ぐらいまで育ってきました。イチゴ、メロンと畑らしくなると、もう少し増やしたいのが人情です。

CIMG3996 CIMG4003

              現在の野菜と花の状況

 近所の花屋さんの店先に並べてある苗を見るたびに植えてみたくなり、キュウリ・トマト・ピーマンと増殖させ、ナデシコ・マリーゴールドと花も増えつつあります。ここまでは楽しそうですが、実は苦労もあるのです。それは、葉っぱを食べるオレンジ色の虫とイチゴを食べにくるナメクジ、油断するとすぐに生える雑草、私の血を吸いにくる蚊。オレンジ色の虫は、10匹ほど撃退したら多少被害が軽減しましたが、ナメクジは昼間は見つけにくいので、現在までのところ有効な対策はなく、イチゴの半分はナメクジさんに食べられてしまいました。雑草はとにかく心を無にして抜く。彼らは、いろんな種類があり、油断するとすぐ花を咲かせ種をばらまき増殖していきます。蚊は長袖と長ズボンを身につけることでだいぶ改善しました。

 以上がここ半年の間、私のお気に入りになっている家庭菜園の話ですが、私がそれらから感じることは、植物の生命力の神秘であります。人間が世話をして植物を育てていると思っていましたが、もとは、植物の生命力の神秘であります。もしかしたら、ある特定の植物は、人間を虜にして世話をさせる能力をもっているのかもしれないと思うほど、心が癒される今日このごろです。