第43回  セルフビルドでスローライフ (悠遊庵の建設記録)

                          新日本建設(株) 顧問  前田宏保

1

【プロフィール】

ポリシー    技術・コスト・営業努力が受注に結び付く

座右の銘   有言実行

好きな作家  高嶋哲夫・池井戸潤・高任和夫

好きな食物  麺類すべて(ソバ・うどん・ラーメン)

趣味     セルフビルド・読書・ソバ打ち・燻製

私が北広島町豊平に週末通い始めて13年になります。その理由は、セルフビルドでログハウスを建て、週末に木立に囲まれた自然の中でスローライフを楽しもうという計画でした。 伐採から造成・ログの組み立て・内装・設備工事を全てセルフ ビルドで寝泊りできる様になるまでには2年半かかりました。 完成後も週末・休日には出かけて行き、色々な工作をしたり、 周辺の整備・維持補修で忙しくしていてスローライフとは言えない かもしれませんが、本人はセカンドライフを充分楽しんでいるので 満足しています。

2

 

「現在の悠遊庵・屋根をリフォーム 中のため、足場を架けています。」

1.どうしてログハウスを建てたくなったのか 前職の中堅ゼネコンに勤務していた50代前半の頃、東京本社に勤務していました。漠然と定年後 の事を考える時もありました。そんな時同じ単身寮にいた(実は広島から単身赴任していました) Oさんが仲間(いろんな職業の友人・知人)14人と共同で週末を利用して信州に山小屋を造って しかもその記録を出版しており,その本を読んで私も山の中にログハウスを建てようと決意した訳です。

 

2.土地探し

ログハウスを建てたいと思うようになってからは、東京から月に1~2度広島に帰省するたび に妻と二人でドライヴがてら中国山地を土地を探して 廻りました。これは広島に転勤で帰ってきてからも続き、約4年間探し廻りました。

土地を決める条件は

1.自宅から高速道路を使わず1時間以内

2.坪単価1万円以下で300坪以上ある

3.敷地内に湧き水かせせらぎがある

3

平成13年2月に今の土地が見つかりました。予算も計画の8割でした。安かったのは造成前の 山林のままで購入したからです。 購入した土地、正確には山林ですが豊平町のどんぐり村の近くで約400坪あり側ををせせらぎ が流れています。自宅から約40Km,車で高速道路を使わないでちょうど1時間です。 ほぼ条件は満たしていますが、ログハウスを建てる前に伐採と土地造成が必要です。

3.伐採・造成工事(H13/4~14/3)

購入した土地は木が生い茂っていたのでまずは伐採です。すべてセルフビルドでが目標です ので、まずはチェーンソウ、造成のために中古のパワーショベルを購入しました。この後も工務店ができるくらい大工道具・その他の工具を 購入したので今から考えると外注で建てたほうが安くついたと思いますが、セルフビルドの楽しみはそれを何倍も上回 ります。造成も終わりいよいよログハウスの着工です。


4 MYショベルで造成中

4.ログの発注と基礎工事(H13/10~14/4)


 38年間建設会社に勤務していましたが、実は土木部門の所属 で建築はほとんど素人でした。伐採・造成はお手のもんですがこれから先は手探りです。土地探しを始めたころから関係する本を読み漁 りました。ログハウスの本から設備の本まで約20冊は読破しました。

5

基礎工事にかかる前にログハウスの契約(10/23)をしました。なぜならログハウスの形状に 合わせた基礎を造る必要があるからです。チェコ製のロフト付き56㎡の角ログです。 輸入時期はログの組み立てを夏休みにすることにして平成14年7月末納品で契約しました。 基礎のコンクリートは地下室にして倉庫として使うために2mの高さで計画したのでセルフビ ルドは無理と断念し外注しました。ログハウスが完成した後に井戸を掘りましたがこれも外注 しました、この2件だけがセルフビルドではありません。準備工事は7月末には完了しました。

 5.準備工事(H14/5~8) 基礎工事も終わりいよいよログの組み立ての準備にかかりました その年の夏休みは会社のカレンダーでは8/10~18でした。

①土台の取り付け・・・・・・ 基礎のアンカーボルトと土台の穴の位置が微妙に違い苦労しました。

6土台の取り付け
②浄化槽の設置・・・テラスの下に浄化槽を設置するのでテラスを作る前に埋設

③テラスの制作・・・基礎は2×4用の束石を使用

 

④足場の組み立て・・・基礎が2mでログの高さが4mなので単管の足場を組みました。


7 テラスの設置

5.ログの組み立て(H14/9 ) 計画通りに準備工事は進みましたが、7月の中頃ログの輸入 を頼んでいた業者から連絡があり、ログの到着が1ケ月以上 遅れそうだと連絡がありました。やむなく予定変更し、ログの組み立てを9月14~16日の3連休にすることにしました。

3日間で組立てるために家族・友人・知人・同僚に頼んで1日7~8人確保しローテーションを組みました。おかげで     3日間で野地板の取り付けまで終了しました。

8ログの組み立てが一番楽しい作業でした。図面の通りにプラモデルを 組立てるようなもので、物を作る楽しさを実感しました。        

6.屋根工事(H14/9) ログの組立て後の作業はほとんど一人での作業でした。雪が降る 前までにはと暗くなるまで頑張りました。屋根材は素人にも施工が簡単なアスファルトシングルです。

9 薄暗くなっても頑張る屋根工事

7.内装工事(H14/10~12) 現地は標高600mのところにあるので10月に入るとかなり寒くなりますが、10月の初めに外壁の防腐剤の塗装も終了し外回りの作業が終わり内装工事にかかりました。 内装工事は ①窓・ドアーの取り付け⇒②床工事(断熱材敷設・床張り)⇒ ③階段・手摺の取り付け⇒④間仕切り(風呂・洗面所・トイレ・キッチン)順調に進みました。

10 断熱材敷設

11 窓の取り付け

8.設備工事(H15/1~9)

 

いよいよ最終段階の設備工事にかかりました。一番時間がかかりましたが、ログの組立ての 次に楽しい作業でした。昔から自宅のメンテナンスやリフォームは大抵自分でやっていました。

1.電気工事  ①照明の配線(1F・ロフト・地下倉庫)②コンセント取り付け

 ③照明器具取付  ④引き込み工事は外注(中電工)

12 電気配線

2.給排水工事  電気の配線もそうですが給排水の配管も 地下室から立ち上げたので比較的楽でした。

13 給排水管

3.設備の設置 風呂・洗面所・流し台・トイレはいずれも前職の会社のマンション建設をした際のモデルルームの廃材を頂き組み込みました。

14 風呂の設置


 平成15年9月完成! ログの組立てを初めて1年で何とか完成しました。  現在は屋根を金属屋根(ガルバニウム鋼板)にリフォーム中で楽しく作業しています。 興味のある方はyahooブログ 「悠遊庵の近況」をご覧になってください。

http://blogs.yahoo.co.jp/xstcn008/folder/294682.html


 

 

 

 

    断熱材敷設

 

      窓の取り付け