2014
08.12

第43回 セルフビルドでスローライフ   新日本建設㈱ 前田宏保


第43回  セルフビルドでスローライフ (悠遊庵の建設記録)

                          新日本建設(株) 顧問  前田宏保

1

【プロフィール】

ポリシー    技術・コスト・営業努力が受注に結び付く

座右の銘   有言実行

好きな作家  高嶋哲夫・池井戸潤・高任和夫

好きな食物  麺類すべて(ソバ・うどん・ラーメン)

趣味     セルフビルド・読書・ソバ打ち・燻製

私が北広島町豊平に週末通い始めて13年になります。その理由は、セルフビルドでログハウスを建て、週末に木立に囲まれた自然の中でスローライフを楽しもうという計画でした。 伐採から造成・ログの組み立て・内装・設備工事を全てセルフ ビルドで寝泊りできる様になるまでには2年半かかりました。 完成後も週末・休日には出かけて行き、色々な工作をしたり、 周辺の整備・維持補修で忙しくしていてスローライフとは言えない かもしれませんが、本人はセカンドライフを充分楽しんでいるので 満足しています。

2

 

「現在の悠遊庵・屋根をリフォーム 中のため、足場を架けています。」

1.どうしてログハウスを建てたくなったのか 前職の中堅ゼネコンに勤務していた50代前半の頃、東京本社に勤務していました。漠然と定年後 の事を考える時もありました。そんな時同じ単身寮にいた(実は広島から単身赴任していました) Oさんが仲間(いろんな職業の友人・知人)14人と共同で週末を利用して信州に山小屋を造って しかもその記録を出版しており,その本を読んで私も山の中にログハウスを建てようと決意した訳です。

 

2.土地探し

ログハウスを建てたいと思うようになってからは、東京から月に1~2度広島に帰省するたび に妻と二人でドライヴがてら中国山地を土地を探して 廻りました。これは広島に転勤で帰ってきてからも続き、約4年間探し廻りました。

土地を決める条件は

1.自宅から高速道路を使わず1時間以内

2.坪単価1万円以下で300坪以上ある

3.敷地内に湧き水かせせらぎがある

3

平成13年2月に今の土地が見つかりました。予算も計画の8割でした。安かったのは造成前の 山林のままで購入したからです。 購入した土地、正確には山林ですが豊平町のどんぐり村の近くで約400坪あり側ををせせらぎ が流れています。自宅から約40Km,車で高速道路を使わないでちょうど1時間です。 ほぼ条件は満たしていますが、ログハウスを建てる前に伐採と土地造成が必要です。

3.伐採・造成工事(H13/4~14/3)

購入した土地は木が生い茂っていたのでまずは伐採です。すべてセルフビルドでが目標です ので、まずはチェーンソウ、造成のために中古のパワーショベルを購入しました。この後も工務店ができるくらい大工道具・その他の工具を 購入したので今から考えると外注で建てたほうが安くついたと思いますが、セルフビルドの楽しみはそれを何倍も上回 ります。造成も終わりいよいよログハウスの着工です。


4 MYショベルで造成中

4.ログの発注と基礎工事(H13/10~14/4)


 38年間建設会社に勤務していましたが、実は土木部門の所属 で建築はほとんど素人でした。伐採・造成はお手のもんですがこれから先は手探りです。土地探しを始めたころから関係する本を読み漁 りました。ログハウスの本から設備の本まで約20冊は読破しました。

5

基礎工事にかかる前にログハウスの契約(10/23)をしました。なぜならログハウスの形状に 合わせた基礎を造る必要があるからです。チェコ製のロフト付き56㎡の角ログです。 輸入時期はログの組み立てを夏休みにすることにして平成14年7月末納品で契約しました。 基礎のコンクリートは地下室にして倉庫として使うために2mの高さで計画したのでセルフビ ルドは無理と断念し外注しました。ログハウスが完成した後に井戸を掘りましたがこれも外注 しました、この2件だけがセルフビルドではありません。準備工事は7月末には完了しました。

 5.準備工事(H14/5~8) 基礎工事も終わりいよいよログの組み立ての準備にかかりました その年の夏休みは会社のカレンダーでは8/10~18でした。

①土台の取り付け・・・・・・ 基礎のアンカーボルトと土台の穴の位置が微妙に違い苦労しました。

6土台の取り付け
②浄化槽の設置・・・テラスの下に浄化槽を設置するのでテラスを作る前に埋設

③テラスの制作・・・基礎は2×4用の束石を使用

 

④足場の組み立て・・・基礎が2mでログの高さが4mなので単管の足場を組みました。


7 テラスの設置

5.ログの組み立て(H14/9 ) 計画通りに準備工事は進みましたが、7月の中頃ログの輸入 を頼んでいた業者から連絡があり、ログの到着が1ケ月以上 遅れそうだと連絡がありました。やむなく予定変更し、ログの組み立てを9月14~16日の3連休にすることにしました。

3日間で組立てるために家族・友人・知人・同僚に頼んで1日7~8人確保しローテーションを組みました。おかげで     3日間で野地板の取り付けまで終了しました。

8ログの組み立てが一番楽しい作業でした。図面の通りにプラモデルを 組立てるようなもので、物を作る楽しさを実感しました。        

6.屋根工事(H14/9) ログの組立て後の作業はほとんど一人での作業でした。雪が降る 前までにはと暗くなるまで頑張りました。屋根材は素人にも施工が簡単なアスファルトシングルです。

9 薄暗くなっても頑張る屋根工事

7.内装工事(H14/10~12) 現地は標高600mのところにあるので10月に入るとかなり寒くなりますが、10月の初めに外壁の防腐剤の塗装も終了し外回りの作業が終わり内装工事にかかりました。 内装工事は ①窓・ドアーの取り付け⇒②床工事(断熱材敷設・床張り)⇒ ③階段・手摺の取り付け⇒④間仕切り(風呂・洗面所・トイレ・キッチン)順調に進みました。

10 断熱材敷設

11 窓の取り付け

8.設備工事(H15/1~9)

 

いよいよ最終段階の設備工事にかかりました。一番時間がかかりましたが、ログの組立ての 次に楽しい作業でした。昔から自宅のメンテナンスやリフォームは大抵自分でやっていました。

1.電気工事  ①照明の配線(1F・ロフト・地下倉庫)②コンセント取り付け

 ③照明器具取付  ④引き込み工事は外注(中電工)

12 電気配線

2.給排水工事  電気の配線もそうですが給排水の配管も 地下室から立ち上げたので比較的楽でした。

13 給排水管

3.設備の設置 風呂・洗面所・流し台・トイレはいずれも前職の会社のマンション建設をした際のモデルルームの廃材を頂き組み込みました。

14 風呂の設置


 平成15年9月完成! ログの組立てを初めて1年で何とか完成しました。  現在は屋根を金属屋根(ガルバニウム鋼板)にリフォーム中で楽しく作業しています。 興味のある方はyahooブログ 「悠遊庵の近況」をご覧になってください。

http://blogs.yahoo.co.jp/xstcn008/folder/294682.html


 

 

 

 

    断熱材敷設

 

      窓の取り付け

 

 

 

2014
07.10

第42回  私の休日 土いじり     ㈱砂原組  三浦 均

私のお気に入りということで、現在、私が休日に時間があればしていることを紹介させていただきます。それは、家庭菜園の一歩手前のような、土いじりです。

きっかけは、引越でした。前の賃貸マンションが手狭になり、少し広い場所を探しておりましたら、条件にあう戸建の賃貸が見つかり、おまけで庭と畑がついておりました。

以前の住民の方は、熱心な園芸家だったようで、河原の丸石で縁取られた庭には手入れのされた植木が残っており、菖蒲が4種類ほど植えてありました。最初は特に畑や庭には興味がなかったのですが、春になり、草ぼうぼうの畑がさすがに見苦しいと感じ、雑草を抜いたところ、どこかで見たような三角形の葉っぱの植物が群生しております。以前の住民の方が育てられていた「イチゴ」だったのです。

何か新鮮な驚きでした。まるで、雑草の茂みの中で私が来るのを待ってくれていたような愛おしい感がして、その日を境に私の土いじりがスタートしました。

CIMG4008 CIMG3997

              現在のイチゴの状況

3番目の畑からは、チューリップが数本見つかりました。チューリップの花も咲き終わり、気候も暖かくなってきたところで、2番目の畑を整備することにしました。まずは1番目の畑からイチゴを20株ほど分割しました。これでしばらくの間、満足しておりました。そのうち子どもがメロンの種を蒔きたいというので、遊び半分でやってみることに。一週間ほどすると、なんと芽が出るではないですか。適当に世話をしていますが、本葉5枚ぐらいまで育ってきました。イチゴ、メロンと畑らしくなると、もう少し増やしたいのが人情です。

CIMG3996 CIMG4003

              現在の野菜と花の状況

 近所の花屋さんの店先に並べてある苗を見るたびに植えてみたくなり、キュウリ・トマト・ピーマンと増殖させ、ナデシコ・マリーゴールドと花も増えつつあります。ここまでは楽しそうですが、実は苦労もあるのです。それは、葉っぱを食べるオレンジ色の虫とイチゴを食べにくるナメクジ、油断するとすぐに生える雑草、私の血を吸いにくる蚊。オレンジ色の虫は、10匹ほど撃退したら多少被害が軽減しましたが、ナメクジは昼間は見つけにくいので、現在までのところ有効な対策はなく、イチゴの半分はナメクジさんに食べられてしまいました。雑草はとにかく心を無にして抜く。彼らは、いろんな種類があり、油断するとすぐ花を咲かせ種をばらまき増殖していきます。蚊は長袖と長ズボンを身につけることでだいぶ改善しました。

 以上がここ半年の間、私のお気に入りになっている家庭菜園の話ですが、私がそれらから感じることは、植物の生命力の神秘であります。人間が世話をして植物を育てていると思っていましたが、もとは、植物の生命力の神秘であります。もしかしたら、ある特定の植物は、人間を虜にして世話をさせる能力をもっているのかもしれないと思うほど、心が癒される今日このごろです。


2014
04.07

第41回  アンジュヴィオレ広島の紹介 第3回   (株)砂原組 三谷 光司

今年で3年目を迎えた「アンジュヴィオレ広島」の近況を紹介させて頂きます。

 3月9日に三井ガーデンホテルで新メンバー発表と激励会を行ないました。(クリックすると写真がはっきり見えます)



 

三篠神社での必勝祈願です!(クリックすると写真がはっきり見えます)



今年は、チームテーマを「挑戦」としてチャレンジリーグへ初参戦します。

そして、いよいよ4月20日にホームでの開幕戦がコカコーラウェスト広島スタジアムで開催されます!

アウェーでの2節を戦ったあとの3節目です。第1節は、去年までなでしこリーグにいたチームで、第2節は昨年8位のチームです。この会報誌が出る頃には結果は、判っているとは思いますが、結果はどうあれ地元開幕に皆様熱い応援をお願いいたします。入場料は無料です!!! 

是非、観戦に来てください。(クリックするとはっきり見えます)

2014
03.04

第40回 社会人野球の魅力とは   文化シヤツター㈱ 江藤雅章

みなさん始めまして。私は江藤と申します。

投稿の依頼を受けたときに、私のお気に入りといっても皆様にこれといって自信を持って紹介できる物事がなく悩んでおりましたが、自分が今まで一番大事にしてきたことであり、より多くの方々に知っていただきたい事柄を投稿させていただきます。

私は当社にお世話になる前まで、職務のひとつとして社会人野球の選手兼任監督をしておりました。

社会人野球と言ってもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、社会人野球とは日本野球連盟に所属し各大会に参加をします。その各大会の中でも7月に東京ドームで行われる都市対抗野球大会、11月に京セラドームで行われる日本選手権大会の本選を目指し各予選から長いシーズンを戦い抜きます。そのレベルは非常に高く会社の名前を背負ってリーグ戦やトーナメント戦を一戦必勝で戦います。

 

           都市対抗野球大会予選の様子(旧市民球場)

 その姿は甲子園を目指す高校球児のようであり、社会人野球のファンの方々は選手の真剣な戦いざまに魅力を感じるところがあると思います。その姿を生む要因として、社会人野球はプロとは違い野球だけをしておけばいいという訳ではなく、野球と社業の両立をしなければなりません。野球と社業の両立をはかるには色々な方々の理解や協力が必要であり、理解や協力をしていただいた方々や会社に感謝の気持ちを持って、真剣にプレーをするからです。

私も選手兼任監督時代に色々な方々にご指導、ご支援を受けてまいりました。本当に感謝をしなければならない事ばかりです。

そして、色々な事も経験させていただきました。その中でも印象深いのはプロ球団と試合をするプロ・アマ交流戦であり実際にプロ球団と試合を行い、プロのレベルを体験できたことです。自分にとって本当に何事にも代えがたい経験です。

 

            プロ・アマ交流戦の様子 (山口由宇球場)

 まだまだ寒くて野球のシーズンには程遠いですが、このコラムを見て一人でも多くの方が社会人野球に興味を持って頂ければと思います。ここ数年、中国地方の社会人チームから毎年、数人の選手がプロ野球ドラフト会議で指名を受けています。野球場で試合を見ていた社会人の選手がプロに入って活躍をし、テレビや新聞で取り上げられることもあります。あの選手の社会人時代を知っているなどという楽しみも方もあると思います。

毎年3月に、広島県社会人野球選抜とカープ一軍との交流戦もマツダスタジアムで行われており、身近に社会人野球を見ることもできます。

時間がある時に野球場へ足を運んで頂ければと思います。ただ大人がするから社会人野球ではなく、様々な人達の想いを背負った良識のある大人が真剣で必死にプレーをする、本当に魅力のある社会人野球をぜひ、見に行って体感していただければうれしく思います。

 

2014
01.30

第39回  お父さんの料理奮闘記 パート2 煮込みハンバーグの巻  飯田三樹博

 前回の“お父さんの料理奮闘記”では我流シェフ 南さんのレシピを参考にパラパラ焼き飯にチャレンジし、見事?成功。今度は2匹目の泥鰌をねらって煮込みハンバーグに挑戦です。

当然、レシピは第34回 我流シェフ南さんの【市販の調味料を使った煮込みハンバーグ】。

めったに料理をしない僕が焼き飯を作って思ったことは、美味しいのが出来上がると人に食べてもらって感想を聞きたくなる。どう?どう?おいしいじゃろ?って感じで“どや顔”したくなります。今回も“どや顔”目指して今まで一度も作ったことのないハンバーグを作ります。

 

レシピどおり材料を揃えました。繋材でご飯? はじめて聞いた。 やや不安・・・・

でも、レシピを見るととても簡単そう。まず、下ごしらえのみじん切り。これは料理の基

本。でも不器用な僕は苦手。フードプロセッサーなる便利な機械もあるそうですが・・・

見かねた中学生の娘が手伝ってくれました。我が家の娘はとても料理好きで僕が料理する

のをとても興味深そうに眺めていました。

難しい年頃ですが、こうやって料理をしながらのコミュニケーションもなかなか良いもの

です。

 

レシピに沿って順調にハンバーグになってます!

合い挽きミンチにみじん切りした具材とご飯を入れ練りこみました。ぐにゅ、ぐにゅ。

形を整えどんどんハンバーグになっていきます。

 

下ごしらえが無事終わり、いよいよ調理。

市販の煮込みハンバーグ調味料を入れ、具材のしいたけ、たまねぎを煮込みます。

我流シェフ南さんによりますと市販の調味料はクオリティーが高く、それだけで十分、及第点となるそうです。それを聞くと一先ず安心。

サラダ油を入れて、ハンバーグを焼きます。油を入れすぎて、どこに捨ててよいやら右往左往。キッチンの排水口に捨てるわけにもいかず、常日頃台所に立つことがないのでちょっとしたことで困ります。

程よく焼けた感じです。この時点で美味しそうじゃないですか?

 

焼けたハンバーグをソースのなかに入れ、煮崩れしないか気をもみながら注意深く見守ります。うん、うん、大丈夫。完成近し。

彩りを添える温野菜。 こんな容器が我が家にあったことすら知らず、簡単に温野菜が出来ました。これはとても簡単だし、便利!!

ちょっとした味付けでビールのお供野菜が出来そうです。

 

手際が悪く、少しバタバタもしましたが、見事、完成です!!!

どうですか?見た感じも美味しそうじゃないですか?見た目だけでなく、味も市販ソースのおかげでとっても美味しかったです。前回に引き続き、今回も自分評価では大成功です。

家族に試食させ、今回も“どや顔”で「おいしいじゃろ?!」。

おかげさまで今回もお世辞?の「美味しい」が聞けて納得、満足の料理奮闘記でした。